木場深川キリスト教会では、二十数年前にオランダ製の電子オルガン「カントール」を導入しました。バロック時代から近代まで多くのオルガン作品が演奏可能であるばかりでなく、2つの大きな外部スピーカーを具え、迫力ある演奏で教会の会衆の讃美歌をリードすることが可能です。

今回もわかりやすい解説もありますので、どなたでも気軽にお越しください。
2018年6月17日(日) 午後1時30分~
入場無料です。

■オルガニスト
錦織 充(にしこおり みつる)
深川木場育ち。千葉大学教育学部卒業。
オルガンを志村拓生氏に師事。小学生時代から教会で奏楽を担当。
大学卒業後は小学校教師として働く傍ら、国内のみならず、アメリカ、イタリア、フランス、オーストリアなどの教会や合唱団で、ピアノ、オルガン、声楽を学ぶ。
現在、東京聖書学院講師、木場深川キリスト教会オルガニストとして活躍。

[記事の開催期限]2018.06.17 4:00pm