木場深川キリスト教会の公式ホームページです。私たちの教会は、正統的なプロテスタント・キリスト教会である日本ホーリネス教団に所属します。
今週の御言葉(礼拝メッセージ)
  • HOME »
  • 今週の御言葉(礼拝メッセージ) »
  • 今週の御言葉

今週の御言葉

8月19日礼拝 「キリストにあってひとつ」ガラテヤ3:26-29

 すべての人は神によって創造されたものであって、神の前に等しい。それが、少しく知恵と力のある者が権力をふるい、人々は上下の関係に縛られ自由が奪われた。  人はみな自分のことばかり考えて罪深い。その救われようのない私たちを …

8月12日礼拝 「人は何によって生きるのか」1ヨハネ4:7-11

 ロシアの文豪レフ・トルストイの作品の中に「人は何によって生きるのか」という短篇小説(民話)がある。ひとりの天使が天から舞い降りてくる。ひとりの女性のいのちをとって天に携えあげるためである。ところが、女性は言う、「天使さ …

8月5日礼拝 「喜びの朝が来る」詩篇30:4-5

 長い人生には、夜もすがら泣き悲しむことがある。辛く苦しく、あるいは心配でたまらず、眠れない夜がある。しかし、夜が明けてまぶしい朝陽がさし込むと、暗闇は消し去られ、喜びの朝が来ると、聖書は約束している。 聖書の言葉 「夜 …

7月29日礼拝 「聖霊による完成」ガラテヤ3:1-5

 これからも、努力したことが報われる社会であってほしいと思う。それは、努力して結果を出せた人ばかりでなく、努力しても結果を出せなかった人も報われる社会であってほしいと願う。  聖書の救いは努力に対する報いではない。神が与 …

7月22日礼拝 「信仰は聞くことから」ヨシュア2:1-14

 私たちは、人との対話を通して、その人の人となりがわかってきます。直接話さなくても、伝え聞いたり、書かれたものを読んで、知ることもあります。聖書には、神がされたことを伝え聞き、それを信じるかどうかで、生死が別れる話が出て …

7月15日礼拝 「十字架と聖化」ガラテヤ2:15-21

 夏目漱石が理想としてかかげた生き方は、「則天去私」であった。「私」がなく、天に従った人生である。私たちはとかく「私」のこだわりが捨てられず、自己中心的になり、他人を傷つけ、自分を傷つけてしまう。なんとか「私」のこだわり …

7月8日礼拝 「自分らしく生きる」イザヤ43:1-7

 他人(ひと)から自分がどう見られているのか?気にかけることは、世間の常識からそれてしまわないために、ある程度は必要なことであろうと思う。しかし、人目を気にするあまり、自分らしくあることができず、場合によっては、心の病を …

7月1日礼拝「神の啓示に生きる」 ガラテヤ1:11-24

 聖書に著されている神は、目には見えません。それは、天地万物を創造された神であり、時間を超越した永遠の神であるからです。目に見える形あるものはいつか壊れ、衰え、失われてゆきます。しかし、目に見えないものは永遠に存在するの …

ファミリー礼拝「力いっぱい踊るダビデ」

 来る6月24日の礼拝は、大人も子どもも一緒の「ファミリー礼拝」です。牧師養成の東京聖書学院で学んでいる神学生が、子どもにもわかるやさしいお話をします。是非、ご家族でおいでいただきたいと思います。  サッカー選手がゴール …

6月17日礼拝 「神志向か、それとも人志向か」ガラテヤ1:6~10

 人の目ばかりを気にしていると、私たちは疲れ果ててしまう。もっと自分らしく生きるために神を見上げよう。  神は私たちに向かって「あなたはわたしの目には高価で尊い」(イザヤ43:4) と言われる。神は私たちひとりひとりを造 …

« 1 2 3 13 »
PAGETOP
Copyright © 木場深川キリスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.